新型出生前診断でできること

特性と流産の可能性の有無とメリット

特性と流産の可能性の有無とメリット

特性と流産の可能性の有無とメリット 新型出生前診断は、代表的な三種類の遺伝子に関わる疾患を判断するのに使用します。
新型出生前診断は、胎児がダウン症候群やその他の深刻な疾患がないかどうかを検査する目的で利用するのが特徴です。
新型出生前診断は、以前からあるタイプより精度が高いのがメリットになります。遺伝子に関係する重大な疾患の可能性が出産前にわかるので、遺伝的な疾患がある方や40代以降の妊婦が希望する例が増えているのが特徴です。
新型出生前診断は、妊婦の血液を採血し検査して行うので、流産のリスクはほぼないですが、血液検査で陽性反応があり確定検査をする場合はリスクがあります。
この検査はあくまでも胎児が大きな疾患があるかどうかを血液で判定するだけで、羊水などの詳しい検査が必要です。
流産のリスクを避ける場合は確定検査を慎重に行う必要がありますが、この検査は年齢が高い方や先天的な疾患の恐れがある方にとり、妊娠中に利用する一つの方法になります。

新型出生前診断の精度はどのくらいになるのか

新型出生前診断の精度はどのくらいになるのか 妊娠したら健康に生まれてきて欲しいと願うはずです。
しかし、健康な赤ちゃんである一方で、ダウン症などを患っている赤ちゃんであるケースは少なくありません。
高齢出産では、ダウン症などのリスクが高くなるため、新型出生前診断を受ける人が増加しています。
新型出生前診断の精度は非常に高く、99%ほどになります。陽性の場合は絨毛検査や羊水検査を受けて確定させる必要があります。
確定的検査の精度は100%なので、偽陽性の心配はないです。流産のリスクもほとんどないため、今後も利用する方が増えると考えられています。
新型出生前診断を行う際に考えなければいけないことは、生まれてくる赤ちゃんに病気がある場合にどうするべきかになります。
病気がある胎児の中絶を推奨している制度ではありません。
赤ちゃんの状態を早く知ることが目的なので、安易に中絶する選択をすることは避けてください。
病気を持っている赤ちゃんにも生きる権利があります。

新着情報

◎2020/12/23

特性と流産の可能性の有無
の情報を更新しました。

◎2020/9/28

「パト―症候群」
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「診断 流産」
に関連するツイート
Twitter